ASPカート格安バーチャルオフィス

BASEからNAWABARIに申込むと無料になると勘違いしないように!

BASE+NAWABARI ASPカート

無料でネットショップの開設を始めることができるBASEは売り上げが発生するまで手数料も一切かからないということで、ネットショップにチャレンジする人達の間で大人気です。

また、BASEには非常に多くのAPPが用意されており、一覧から必要なAPPを選択して無料でインストールすることが可能です。

ところで、BASEのAPP一覧にバーチャルオフィスNAWABARIの名前が掲載されていますが、この意味を勘違いして無料でNAWABARIを利用できると吹聴する人がいるので説明しておきます。

結論を言うとBASEの公式サイトからNAWABARIのAPPを無料でインストールするとNAWABARIの公式サイトと連携できるので申し込みが楽になるというだけです。APPをインストールしたからといってバーチャルオフィスNAWABARIを無料で利用できるわけではありません。

NAWABARIを無料で利用できるかBASEに問い合わせてみた

普通に考えれば分かることですが、確証が欲しかったのでメールでBASEに問い合わせてみたところ、2日後に回答を頂くことができました。

お問い合わせいただきありがとうございます。
BASEカスタマーサポートでございます。

この度は、数あるサービスの中から
BASEのご利用をご検討いただき誠にありがとうございます。

恐れ入りますが、NAWABARI(https://apps.thebase.in/detail/90)につきましては、
株式会社Lucciさまが運営・提供しているサービスとなっており、
NAWABARIをご契約・ご利用いただく際の料金がかかります。

BASE株式会社
カスタマーサポートからの回答を引用

BASEのカスタマーサポートの回答は明確です。

NAWABARIの利用には料金が発生するという言質を得ることが出来ました。

ECサイトのプラットフォームが各種APPを無料で提供する理由

BASEをはじめ多くのネットショップ開設を支援するプラットフォーム(ASPカート)ではなにかしらのサービスと業務提携が結ばれています。BASEの場合、提携企業とデータを連携できるAPPを開発して設置することで、BASEユーザーが提携企業のサービスを利用しやすくなるよう便宜を図っています。

つまり、業務提携とは自社のユーザーを提携企業と結びつけるための橋渡しというか、縁結びのような役割があります。ただし、お金が絡んでいるのでそんなぬるい関係ではなく法的な拘束力のあるビジネスパートナー同士の共闘といったニュアンスと捉えることができます。

BASEを始めとするネットショップの開設を支援するプラットフォームは「特商法の表記」という避けては通れない法律があるため、バーチャルオフィスとの親和性が非常に強いカテゴリーの業界だと言えます。

ネットショップの運営には特商法の表記が義務づけられており、それを補うのがバーチャルオフィスの住所シェアリングサービスというわけです。

バーチャルオフィスの住所を特商法の表記に利用することで、ネットショップの運営者情報のページに自分の自宅の住所を記載しなくて済むのは非常に都合の良いことです。

なぜなら、法律に則って自宅の住所を記載することは間違いではありませんが、自宅の住所を不特定多数の人間の目に晒すことは、時には大きなリスクが伴うからです。バーチャルオフィスの住所シェアリングはこの問題を解決する手段として最も効果的で簡単な方法に違いありません。

BASEとNAWABARIの双方が紹介し合うことで互いの認知度が高まる

目先の利益だけを考えるのであれば自社のサービス名だけが有名になってくれればそれで済む話ですが、ネットショップ界隈のサービスは自分だけが生き残れば良いという自分勝手な考えでは生き残れない仕組みになっています。

特商法の表記に関してはBASEはNAWABARIと業務提携することでBASE経由でNAWABARIの認知度を高めることに貢献できます。利用者の数だけ見ればBASEの利用者は2021年の時点で150万ショップに達しているため、間違いなくNAWABARIの利用者の数を上回っています。

ところが、BASEにはSTORESやMakeshop、shopify、カラーミーショップといった競合が多数存在するため、このまま独り勝ちできるほど甘い世界でもありません。

ECサイトの構築を支援するプラットフォームのように競合の強い業界では、業務提携を利用して自社のサービスを他社に紹介してもらうことで現状の認知度をさらに広める必要性があるのです。

そのため、NAWABARIの公式サイトではBASEが紹介されており、BASEの公式サイトにはNAWABARIのAPPが無料でインストールできる体制が構築されているという補完関係が重要になるのです。

無料のAPPはユーザー目線で考えるとたいしてメリットはない

BASEとNAWABARIの提携関係については以上ですが、これをユーザー目線で考えた時になにかメリットがあるのかというと別にありません。

強いて言えば、世の中に数多くあるバーチャルオフィスの中から最も自分の都合に合った業者を探すことを考えると、少しだけ手間が省けるかもしれないというだけです。

なぜなら、BASEで紹介されたバーチャルオフィスがNAWABARIだからと言って、それが自分の運営スタイルにマッチしているかどうかは別問題だからです。あくまでも、目的にかなっていれば利用したほうが良いというだけです。

そう考えると、BASEの公式サイトに無料でNAWABARIのAPPが用意されていることはBASEユーザーにとって特に大きなメリットにはなりません。どちらかと言えば、どのバーチャルオフィスを利用しようか迷っているユーザーがNAWABARIを選択する確率は上がるので、NAWABARIにとってはメリットがあります。

NAWABARI 公式サイト

BASEを利用するメリット

BASEところで、そもそもネットショップの開設をするのにBASEを選ぶメリットはどこにあるのかと言うと、BASEは初期費用0円でネットショップを開設できるという大きなメリットがあります。

下表に示す通り、スタンダードプランを利用すると初期費用は0円でスタートできるだけでなく、月額料金は終始発生しません。

ただし、サービス手数料・決済手数料の2つの手数料が売り上げごとに発生するため、売り上げがある程度に達すると手数料の比率が負担になります。そのため、月に17万円以上の売り上げになるとグロースプランに移行するのがおすすめです。

スタンダードプラングロースプラン
月額0円5,980円
サービス利用料3%0円
決済手数料3.6%+40円2.9%

BASE 無料でショップ開設

BASEでバーチャルオフィスNAWABARIを利用するメリット

バーチャルオフィス・NAWABARBASEとNAWABARIの提携関係についてはともかく、なぜBASEを始めとしたネットショップの運営でバーチャルオフィスの利用が必要になるのでしょうか?

その理由はネットショップの運営では特商法の表記を記載する義務があるためですが、実はBASEをはじめとするECサイ開設支援型のプラットフォーム(ASPカート)ではプラットフォームの住所・電話番号を特商法の表記として利用できる仕組みを持っています。(非公開設定と呼ばれる機能)

この仕組みを利用すると、わざわざネットショップの運営者の自宅の住所を特商法の表記として利用しなくて済むのです。

BASEをはじめとする各プラットフォームの販売者情報の非表示設定の対策については、BASE・STORES・shopify~ネットショップ運営で住所がバレるのを防ぐ方法で詳しく解説しています。

ところが、ネットショップの運営には商品の返品や販売者しか知り得ない込み入った質問が来たりするもので、そういう問題に対してプラットフォームは責任を持つことはできません。

そのため、返品などの理由で問い合わせがあった場合に限り、プラットフォームは商品の購入者に販売者の情報を開示するというルールが利用規約に明記されているのです。

つまり、まったくの手放しで自宅の住所を秘匿したままネットショップを運営することは事実上不可能ということになります。

それに、そもそも商品を発送する際の発送元伝票には非公開設定にしてあってもサイト管理者の住所・氏名が記載されるので、商品が売れると身元は相手に分かります。

ここで登場するのがバーチャルオフィスの住所シェアリングサービスで、この問題を解決できるのはバーチャルオフィスだけです。バーチャルオフィスで借りた住所を販売者情報に記載することでサイト管理者の氏名を除いて自宅の住所などは絶対に公開されずに済みます。

そして、BASEではバーチャルオフィスにNAWABARIを利用することを推奨しているというわけですが、何度も言いますがBASEのAPP一覧からNAWABARIのアプリをダウンロードして入会したとしても料金は発生します。決して無料になるわけではありません。

NAWABARIの料金プラン

月払い契約1年契約
初期費用0円
月額料金1,628円1,078円
郵便物の転送
手数料400円/1件
送料実費
電話の要件転送
番号03番号を付与
伝言預り
0~30件:無料
31件~:100円/1件
利用できる住所東京都目黒
用途特商法の表記
登記
不可
NAWABARIの詳細については、NAWABARIの口コミと評判~料金プランを他社と比較で詳しく解説しています。

NAWABARI 公式サイト

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋・京都・梅田・天神
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プランプラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プランプラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント