格安バーチャルオフィス沖縄

沖縄で登記利用におすすめの格安バーチャルオフィス比較6選

沖縄・格安バーチャルオフィス比較記事 格安バーチャルオフィス

2022年の時点で沖縄県の人口は約147万人、県庁所在地である那覇市の人口は約31万人で人口密度の高さでは国内で上位10番以内に入る人の多い地域です。沖縄の経済はメインの観光収入による比率が高いことは有名ですが、温暖な地域であるためマンゴー・パイナップル・サトウキビといった果物の生産量も多く、果実の販売収益も少なくありません。

バーチャルオフィスに関しては資産を持った外国人や国内で実店舗を持たずに働くフリーランサーの需要も存在することから、大手や都内で有名な格安バーチャルオフィスも参入しているのが現状です。

今回、沖縄の格安バーチャルオフィスの実態を調査する一環で登記利用におすすめの格安プランを提供している業者を探してみたところ全部で6件みつけることができたので紹介します。

ベイ・ミヤコジマ(宮古島シェアハウスBAY)

ベイ・ミヤコジマ『ベイ・ミヤコジマ』は福岡県に本社があるアイランデクス株式会社沖縄県宮古島市で運営している格安のシェアオフィス・バーチャルオフィスで、古民家をリノベーションしたおしゃなオフィスです。

当初、港から届いた荷物を保管する場所として利用していた物件をシェアオフィス・バーチャルオフィスとして有効活用しているとのことです。

宮古島は離島なので那覇からも飛行機か船でしか行くことができませんが、『ベイ・ミヤコジマ』の近辺にはコンビニやファーストフード店のほか病院もある便利なところです。

バーチャルオフィスの料金プランは個人と法人で基本料金が異なりますがサービス内容は特に変わりません。郵便転送は1回につき500円の手数料が発生するほか、月額5,500円で電話番号取得サービスも利用できます。

料金プラン

基本サービス
月額(個人)3,300円
月額(法人)5,500円
入会金(個人・法人)5,500円
有料オプション
郵便転送500円/1回
電話番号取得
(0980)
月額5,500円
小口倉庫月額2,200円

 

物件の詳細とアクセス

住所沖縄県宮古島市平良久貝884−6
物件記載なし
築年月記載なし
アクセス宮古島空港より10㎞以内

Karigo バーチャルオフィス沖縄・那覇

karigo『karigoバーチャルオフィス沖縄・那覇』は全国展開の格安バーチャルオフィスkarigoが沖縄県那覇市で運営する店舗です。料金プランはWHITE・BLUE・ORANGEの3プラン用意されており、どのプランにも郵便転送と登記利用が付帯されています。

『karigoバーチャルオフィス沖縄・那覇』の特徴はエントリープランであるWHITEプランの料金設定が系列のどの店舗よりも高いことです。『karigoバーチャルオフィス沖縄・那覇』ではWHITEプランの入会金が8,200円、月額料金が6,600円ですが、多店舗の平均価格よりやや高めです。

また、WHITEプランの個人と法人で料金が同じなのも沖縄の店舗だけです。他の店舗では必ず個人価格のほうが若干安くなっています。また、沖縄の店舗では届いた郵便物など店舗で直接引き取ることが可能で、平日10時~17時まで対応してまらえます。

なお、karigoについてその他のサービス内容も含めてより詳しく知りたい方は、Karigo(カリゴ)の口コミと評判~料金プランを他社と比較も合わせて読まれると参考になります。

料金プラン

WHITEBLUEORANGE
入会金8,200円14,700円19,800円
月額料金個人:6,100円
法人:6,100円
11,500円16,500円
住所貸し
荷物の店舗引取り平日10時~17時平日10時~17時平日10時~17時
電話の転送××
電話の代行××

物件の詳細とアクセス

住所沖縄県那覇市辻
物件非公開
築年月非公開
アクセスゆいレール 旭橋駅 徒歩15分、ゆいレール 県庁前駅 徒歩18分

Business Agent(BAレンタルオフィス)

BAレンタルオフィス沖縄那覇『Business Agent』は新宿に本社がある株式会社バルテックコミュニケーションズが運営する格安のレンタルオフィス・バーチャルオフィスで、大阪本町・沖縄那覇の2カ所に拠点があります。バーチャルオフィスの料金プランは店舗によって全く異なり、沖縄県那覇市の店舗はAプラン・Bプランの2つだけ用意されています。

Aプラン(月額5,500)とBプラン(月額16,500円)はどちらも基本料金に郵便転送サービスと登記利用が付帯されますが、Aプランでは沖縄をはじめ系列店舗の会議室を利用できるのに対してBプランでは会議室が一切利用できません。

商談などで会議室の利用が必須なビジネス形態ではAプランを利用するのがおすすめですが、対人で面談する機会が少ないビジネスモデルならBプランが格安でおすすめです。

なお、『BAレンタルオフィス』の他の店舗(大阪本町)についても興味がある方は、大阪の本町で登記利用におすすめの格安バーチャルオフィス比較10選も合わせて読まれると参考になります。

料金プラン

AプランBプラン
入会金5,500円5,500円
月額16,500円7,700円
保証金16,500円7,700円
郵便転送
登記利用
受付有人有人
会議室利用×
電話回線の利用×
他店舗のオフィス利用×

 

物件の詳細とアクセス

住所沖縄県那覇市久茂地1丁目1−1 9F
物件パレットくもじ SRC造 地上9階/地下2階
築年月1991年4月
アクセスゆいレール 県庁前駅 徒歩1分

BAレンタルオフィス 沖縄那覇

サテライト沖縄(Satellite OKINAWA)

サテライト沖縄『サテライト沖縄』は株式会社プロスペックが運営する都内で大人気の格安バーチャルオフィス『スタートアップ』の沖縄支店となります。

バーチャルオフィスの料金プランはライトプラン・ベーシックプラン・セットプランの3プラン用意されており、沖縄最安値の月額300円(税別)ライトプランは郵便転送や登記利用が付帯されませんが特商法の表記として利用可能です。

月額500円のベーシックプランは基本料金に郵便転送サービスと登記利用が付帯される格安プランで、沖縄の住所を登記利用できるプランとしては最安値となりおすすめです。

またベーシックプランに050番号の電話転送サービスを追加したセットプラン(月額1,480円)も用意されおり、登記利用と電話転送サービスがセットになったプランとしても沖縄県で最安値となります。

『サテライト沖縄』は都内で運営されている『スタートアップ』と姉妹店なのでサービス内容はほぼ同じですが、スタートアップについてより詳しく知りたい方は、格安バーチャルオフィス【スタートアップ】の料金プランと評判も合わせて読まれると参考になります。

料金プラン

ライトプランベーシックプラン
初期費用1,000円5,000円
月額料金300円500円
最低契約期間1年1年
郵便物の転送×週に1回
転送物の通知×オプション利用で可能
転送料金×送料実費負担
(手数料200円/1件)
不要な郵便物×依頼して破棄
宅配便の転送
宅配便の転送料金実費負担実費負担
法人登記×
登記後の月額×変更なし
個人事業主登録
サイトに掲載画像処理すれば可能画像処理すれば可能
特商法の表記
入会審査有り有り
海外在住××
法人口座開設×
決済方法クレジットカード( VISA、MASTER、JCB、AMEX)

*税抜価格で表示しています。利用の際は消費税10%が発生します。

物件の詳細とアクセス

住所沖縄県那覇市牧志2丁目17−27 401
物件しもけんハウス 鉄筋コンクリート(RC) 地上4階
築年月2010年11月
アクセス沖縄都市モノレール 美栄橋駅 徒歩4分

サテライト沖縄 公式サイト

Brilliant Port

Brilliant Port沖縄那覇『Brilliant Port』は沖縄県那覇市の株式会社BRILLIANTが運営する格安のレンタルオフィス・バーチャルオフィスで、那覇市の泊ポートビルが店舗となります。

バーチャルオフィスは『クラウドオフィス』という名称で紹介されており、月額6,600円(税込)の基本プランに郵便転送サービスと登記利用が付帯されています。

郵便物の受け取りは月に100通までは無料ですが、100通を超えると1通につき33円の手数料が発生するほか、郵便物の転送にかかる費用は郵送料実費負担とは別に手数料が1通220円発生します。

料金プラン

基本サービス
月額6,600円
入会金11,000円
最低契約期間1年
登記利用
郵便転送
転送手数料220円/1回
有料オプション
固定電話利用月額2,750円
電話代行サービス月額11,000円
クラウドFAX100円/1件(送信)

 

物件の詳細とアクセス

住所沖縄県那覇市前島3丁目25−2
物件泊ポートビル 地上8階
築年月記載なし
アクセス沖縄都市モノレール 美栄橋駅 徒歩11分

Brilliant Port 公式サイト

KEEP FRONT

KEEP FRONT沖縄那覇『KEEP FRONT』は沖縄県那覇市の不動産会社・株式会社ビザップが運営する格安のレンタルオフィス・バーチャルオフィスで、沖縄県那覇市泊にあるT&C泊ビルの4階・5階が拠点となります。

バーチャルオフィスの料金プランは1年契約のみで、利用料は年間利用料92,400円(月額換算7,700円)となります。

サービス内容は基本料金で登記利用できる他は全て有料オプションを利用する必要があり、郵便転送サービスは「ゆうパケット着払いサービス」対応となります。転送オプションを利用しない場合は店舗で直接引き取ることも可能です。

料金プラン

基本サービス
年間利用料92,400円
(月額換算7,700円)
入会金11,000円
保証金7,000円
最低契約期間1年
登記利用
スペース利用×
郵便物到着通知メール
決済銀行振込
有料オプション
郵便転送ゆうパケット着払いサービス
電話番号利用月額2,980円

 

物件の詳細とアクセス

住所沖縄県那覇市泊2丁目1−18 T&C泊ビル4F・5F 
物件T&C泊ビル 鉄筋コンクリート(RC) 地上6階
築年月1992年
アクセスバス 中之橋 徒歩2分

KEEP FRONT 公式サイト

以上、沖縄の住所を登記利用できるおすすめの格安バーチャルオフィスを6件紹介しましたが、沖縄の格安バーチャルオフィスはそれほど多くないことが分りました。

また、料金相場は比較的安く郵便転送サービスが基本料金に付帯されるケースが多いことが分りました。これは本州の格安バーチャルオフィスでは珍しいケースだと言えます。

本州で大人気のkarigoも沖縄に出店していますが、エントリープランの料金が本州よりも高めに設定されているのは、それなりに需要があるためだと想定されます。

最後に、沖縄の格安バーチャルオフィスとは別に本州の格安バーチャルオフィスも調べてみたい方は全国格安バーチャルオフィス比較19選!住所のみ利用のおすすめプラン多数!も合わせて読まれると参考になるので一読されると良いでしょう。

 

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
合計11カ所
銀座・渋谷・新宿・青山・
秋葉原・横浜・名古屋・京都
梅田・博多・福岡天神 
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント