格安バーチャルオフィス

【渋谷最安水準】880円で登記可能なバーチャルオフィス1の料金プラン

バーチャルオフィス1 格安バーチャルオフィス

2022年7月1日、バーチャルオフィス業界に新たな異端児が誕生しました。

渋谷と広島の2店舗同時オープンでバーチャルオフィス1(株式会社バーチャルオフィスワン)が新規参入し、衝撃のプライスで皆を驚かせています。

月額880円で登記利用が可能なだけでなく、週1の郵便転送サービスも付帯されるという、今まで欲しくても手に入らなかったサービスがようやく手に入ったような、言葉にならない感動と衝撃が走りました。

バーチャルオフィス1の運営会社

バーチャルオフィス1を運営しているのは株式会社バーチャルオフィス1という会社です。

社名    株式会社バーチャルオフィス1
代表者名  牧野傑
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-16-6二葉ビル8B
資本金   1000万円
設立    2022年02月
URL https://virtualoffice1.jp/

出典:バーチャルオフィス1 公式サイト

バーチャルオフィス1の料金プラン

料金プラン

バーチャルオフィス1の料金プランは2種類だけで、電話転送サービスはオプションで追加することができます。

プラン名

  • 法人登記・住所利用
  • 法人登記・住所利用+専用ポスト
法人登記・住所利用法人登記・住所利用+専用ポスト
入会金5,500円5,500円
短月契約の月額3,960円×
1年契約の月額880円3,520円
短月契約の月額3,960円×
郵便物の到着確認LINE通知LINE通知
郵便物の転送週1週1
転送費用実費負担のみ実費負担のみ
郵便物の直接受取11:00~16:0011:00~16:00
不在票の受取
不在票対応料金無料無料
24時間郵便受取ポスト×
来客対応
会議室の利用1,100円/1時間1,100円/1時間
入会審査有り有り
決済方法クレジットカードクレジットカード
利用できる住所渋谷店 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル8B
広島店 〒730-0051 広島県広島市中区大手町1-1-20 相生橋ビル7階

バーチャルオフィス1 公式サイト

法人登記・住所利用

短月契約で利用した場合月額3,960円もかかりますが、1年契約で申し込むと月額は880円になり短月契約よりもかなり安く利用できます。

しかも驚くことにこの料金には登記利用と郵便転送サービスが含まれており、登記利用で別料金が発生することも一切ありません。

つまり、本当に月額880円で基本的なサービスが完備されているので、他社のあらゆるサービスを圧倒すること間違いなしです。

なお、郵便転送サービスは送料が実費負担ですが、他社平均と比べると安いと言えます。手数料込の料金なので、かなり高待遇なのが分かります。

郵便転送サービスにかかる実費負担は下記の通りです。

50gまで
150
100gまで
200
150gまで
300
250gまで
400
500gまで
500
500g以上は
宅急便

法人登記・住所利用+専用ポスト

郵便ポスト2『法人登記・住所利用+専用ポスト』プランは『法人登記・住所利用』プランに24時間郵便受取ポストが付いたもので、単月契約に対応しておらず1年契約のみで月額5,280円になります。

24時間郵便受取ポストとは、その名の通り届いている郵便物を24時間いつでも受け取ることができる私書箱のことです。

私書箱を設置すると料金が大幅にアップするというわけです。

バーチャルオフィス1のオフィスは今のところ渋谷と広島の2店舗だけなので、当該地域に住んでいる人でないと利用する価値はありませんが、該当者には便利なサービスです。

電話転送サービス

電話転送バーチャルオフィス1の電話転送サービスは03番号を利用した電話転送サービスも利用できます。電話転送サービスは月払い・年払いの2通りの利用方法があり、月額料金はそれぞれ下記の通りとなります。

  • 月払い:1,980円/月
  • 年払い:5,940円/月

バーチャルオフィス1の料金プランをレゾナンスと比較

他社と比較

バーチャルオフィス1の基本プランを1年契約で利用した場合は、レゾナンスの『ネットショップ応援プラン』が最大のライバルになることが分かりました。

なにしろ、月額1,000円以内の料金で登記利用+郵便転送が付帯された料金プランはそうはありません。

バーチャルオフィス1レゾナンス
プラン名法人登記・住所利用ネットショップ応援プラン
月額料金880円880円
初期費用5,500円5,500円
最低契約期間1年1年
郵便物の転送
転送頻度週1回週1回
転送手数料無料無料
転送費用実費負担実費負担
登記利用
利用できる住所・渋谷区道玄坂
・広島市中区大手町1-1-20
相生橋ビル7F
銀座
公式サイト公式サイト

上の表はバーチャルオフィス1の『法人登記・住所利用』とレゾナンスの『ネットショップ応援プラン』を比較したものですが、利用できる住所が異なる以外に違いがないことが分かります。

つまり、渋谷・広島の住所から厳選するのであればバーチャルオフィス1が最良の選択肢となり、銀座の住所から選ぶのであればレゾナンスが最良の選択肢となるわけです。

バーチャルオフィス1はここ数年以内に参入したバーチャルオフィスとしては後発組ですが、他社の良い点も悪い点もじっくり研究できているため、料金設定やサービス内容がはかなり吟味されていることが分かります。

レゾナンスの料金プランの詳細は、バーチャルオフィス『レゾナンス』の口コミと評判~料金プランを他社と比較が参考になります。

バーチャルオフィス1の評判や口コミ

口コミ・評判

2022年7月1日にオープンしたばかりで、まだ評判が広まるのに時間がかかりそうです。残念ながらネットでバーチャルオフィス1の評判を見つけることはできませんでした。

まとめ

都内のバーチャルオフィスで格安と言われる業者はたくさんありますが、渋谷の住所を初年度限定で月額880円はやはり安いです。間違いなく渋谷のどのバーチャルオフィスよりも安いはずです。

大抵のバーチャルオフィスはいくつか料金プランを用意しておいて、その中の最安プランは特商法の表記に利用できるのがせいぜいです。ところがバーチャルオフィス1の最安プランは登記利用+郵便転送サービスがデフォルトで付いているという、とんでもないスペシャルプライスです。

なお、バーチャルオフィス1広島店は会議室の利用状況に問い合わせが必要な点を除き、住所利用については渋谷店と全く同じです。

最後に、バーチャルオフィス1以外にも渋谷で登記利用が可能で銀行口座も開設できる格安バーチャルオフィスについて知りたい人のためにまとめた記事のリンクを貼っておきますので、比較して吟味することをオススメします。

また、渋谷にこだわらず全国の格安バーチャルオフィスを探している方は、全国の激安・格安バーチャルオフィス17選!登記の可否やメリット・デメリットを比較が参考になります。

バーチャルオフィス1 公式サイト

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋・京都・梅田・天神
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プランプラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プランプラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント