格安バーチャルオフィス

HarborS(ハーバーズ)表参道の口コミと評判~料金プランを他社と比較

harbors表参道・アイキャッチ 格安バーチャルオフィス

表参道の南青山にHarbors表参道といIT企業が運営するバーチャルオフィスがあります。表参道にはHarbors表参道の他にもIT企業が目立ちます。そして、多くのレンタルスペースやバーチャルオフィスがIT企業のもとで運営されています。日本のシリコンバレーとも呼ばれる表参道にはITフリーランスと縁の深いバーチャルオフィスが他にもたくさんあります。そして、日々利用者増を目指して激しい競争が繰り広げられています。

HarborS(ハーバーズ)表参道の運営会社

HarborS表参道を運営しているのは株式会社アンチパターンというIT企業です。

令和のIT企業は斬新な発想を持った会社が多いのが特徴的ですが、東京の表参道でレンタルオフィス・バーチャルオフィスを運営している会社にIT企業が多いのは偶然ではありません。

レンタルスペースを利用する就業形態はITフリーランスと非常親和性が高いため、おのずとワーキングスペースの利用を促進すればIT業界の活性化に繋がることを肌で感じるはずです。

株式会社アンチパターンではバーチャルオフィス事業を『コミュニティー形成支援』として位置付け、学生向けにもPOSSE(ポッセ)というプログラミングを学べるコミュニティーを提供しています。

事業者名:株式会社アンチパターン
住所地:東京都港区南⻘山3-15-9 MINOWA表参道3階
代表者:小笹佑京
Harbors表参道 公式サイトより引用

HarborS(ハーバーズ)表参道の口コミと評判

口コミ・評判

Googleマップで見つかった口コミによると、利用者の評判はかなり高く、清潔さはもちろんのこと利用しているユーザーにITエンジニアの方が多いことが注目されているようです。

ワーキングスペースはただお金を払ってスペースを利用するだけでなく、他者との交流が図れるメリットがあるこという点について、HarborS表参道ほど良い例はないでしょう。

現役エンジニアや、エンジニアを目指す方向けのコワーキングスペース。 キッチンがあったり、屋上のテラス席があったり、ほかのコワーキングスペースにはない魅力がある。 ちゃんと屋上にもWifiが届くので、春になって暖かくなったらテラス席で作業したら気持ちいいだろうなー。出典:Googleマップ

harbors表参道・サムネイル1

人柄が良い方ばかりです。落ち着いた雰囲気の中に洗練されたデザイが多く居心地が良い。 また利用させて戴きます!出典:Googleマップ

harbors表参道・サムネイル2

勉強スペースとして活用してます。 静かで落ち着けるためいい感じです。 また、いろんなエンジニアさんに会えるので、IT未経験の方には特におすすめです。出典:Googleマップ

harbors表参道・サムネイル3

Harbors表参道 公式サイト

HarborS(ハーバーズ)表参道の料金プラン

料金プラン

HarborS表参道の基本料金は月額5,280円で住所利用のみとなっています。

住所利用以外に必要なサービスは全て料金となります。

利用できるオプション一覧
  • 郵便物の転送 月額3,300円 転送頻度:週1回
  • 専用ポスト  月額2,200円 24時間・365日使用可能
  • 電話の転送  月額2,200円 03番号(着信専用)が付与されます。
  • 登記利用   月額2,200円 利用できる住所:港区南青山
  • 会議室の利用 3,300円/1時間
  • レンタルロッカー 月額2,200円
HarborS表参道で利用できる住所

Harbors表参道で利用できる住所は下記の住所に枝番が付いたものになります。枝番が付くことで同じ住所でも他の利用者と住所を区別できるため、同一視されるのを防ぐことができます。

〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15−9 MINOWA表参道 3階

HarborS(ハーバーズ)表参道の料金プランを他社と比較

他社と比較

ワンストップビジネスセンターのエコノミープランと比較してみました。

ワンストップビジネスセンターは全国展開のバーチャルオフィスで表参道にも店舗を構えていますが、料金プランは全店舗で統一されています。

下表はワンストップビジネスセンター表参道店とHarborS表参道の料金プランを比較したものです。

*表中の”〇”は追加料金なしで料金に含まれていることを意味します。

HarborS表参道ワンストップビジネスセンター
料金プラン基本プランエコノミープラン
初期費用0円10,780円
月額5,280円5,280円
登記利用月額2,200円
口座開設
銀行紹介制度×みずほ銀行青山支店
GMOあおぞらネット銀行
郵送物の転送月額3,300円
郵便物の転送頻度週1回週1回
電話の転送月額2,200円ビジネスプランで対応
月額9,790円
会議室の利用3,300円/1時間1,100円/1時間
マイページ×
来客対応
 HarborS表参
公式サイトはこちら
ワンストップビジネスセンター
公式サイトはこち

表を見れば分かりますが、HarborS表参道の料金プランは基本料金に住所利用が含まれる他、一切のサービスが付帯されません。郵便転送をはじめ必要なサービスは全て別料金が発生します。

例えば、住所利用+郵便転送+登記利用という組み合わせで利用すると月額10,780円になります。

一方でワンストップビジネスセンターのエコノミープランは基本料金に郵便転送や登記利用が含まれているため、別料金は一切発生しません。

このことから、HarborS表参道は基本的なサービスで他社と差別化を図っているのではなく、ITエンジニアのような専門分野に特化した利用者が集うワーキングスペースで人と人の価値ある出会いを提供できる点で差別化を図っているのだと推測されます。

HarborS(ハーバーズ)表参道を利用するメリット・デメリット

メリットHarborS表参道は格安バーチャルオフィスとして料金が高い部類に入ります。法人化した会社が登記利用すると1万円は必要になることから、有名どころで例えるとTRIEL東京で有名なバーチャルオフィスfabbittと同レベルの料金設定だと言えます。

 

基本料金がワンストップビジネスセンターと同額なので、一見すると同じようなサービス内容なのかと勘違いしそうですが、詳しく調べるとメリットもデメリットもワンストップビジネスセンターとは全く異なります。デメリット

Harbor表参道のメリットはあくまでもIT関連のコミュニティーに接触できるチャンスを提供できる点にあり、それは他社がそれほど力をいれて取り組んでいないことでもあります。

バーチャルオフィスの利用者がコミュニティーを通じて繋がり合い新たな価値を生み出すことで、巡り巡ってコミュニティーの形成を支援した側が恩恵を受けることになるという、最も理想的なサービス形態だと言えるでしょう。

Harbors表参道 公式サイト

なお、Harbors表参道の他にも表参道のバーチャルオフィスを探す場合は、表参道の住所を登記利用できる格安バーチャルオフィス比較8選!を参考にされると良いでしょう。

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋・京都・梅田・天神
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プランプラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プランプラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント