格安バーチャルオフィス

大阪で月額500円のバーチャルオフィスを探したらGMOとDMMが最安だった!

大阪最安値は500円ではない 格安バーチャルオフィス

大阪の住所を月額500円で利用できるバーチャルオフィスは存在するのでしょうか?国内で月額500円で利用できるバーチャルオフィスがあるのは有名な話ですが大阪に限定すると調べてみないと分かりません。というわけで徹底的に調べてみました。

結論から言うと大阪に月額500円のバーチャルオフィスはありません。大阪で一番安いバーチャルオフィスはGMOオフィスサポートの『転送なしプラン』月額660円とDMMバーチャルオフィスの『ネットショップ支援プラン』月額660円です。

GMOオフィスサポートとDMMバーチャルオフィスの他にも探してみましたが、それより安いバーチャルオフィスは存在しないことがわかりました。ただし、月額500円~1,000円の範囲で探すと該当するバーチャルオフィスは合計で4件見つけることが出来ました。

先に結論~大阪に月額500円のバーチャルオフィスはありません

大阪の住所を利用できる格安バーチャルオフィスでもっとも安いのはGMOオフィスサポートとDMMバーチャルオフィスの月額660円になります。その次が770円、1,000円と続きます。

下表は大阪の住所を月額500円~1,000円で利用できるバーチャルオフィスの一覧になります。

*料金の安い順に昇順で記載していま。ランキング表ではありません。

この4社は全て大阪の住所を利用できるバーチャルオフィスですが、1番目のソウハツはオススメできません。理由は郵便物の転送サービスにかかわる取り決めが厳し過ぎるからです。

月額500円~1,000円の範囲で大阪の住所を利用できるバーチャルオフィス

大阪の住所を月額500円で利用できるバーチャルオフィスは残念ながらありませんが、500円ではなくてもそれに近い価格で最良の業者を4社みつけることができました。

なかでもGMOオフィスサポートの『転送無しプラン』月額660円とDMMバーチャルオフィスの『ネットショップ支援プラン』は月額500円にもっとも近い料金で注目に値します。

また、DMMバーチャルオフィスのネットショップ支援プランは月額660円で利用できるだけでなく、ネットショップ関連に限り郵便物の転送にも対応しているので、ネットショップで特商法の表記に利用する人にとってコスパは最高です。

GMOオフィスサポートとDMMバーチャルオフィスは大阪の住所を利用できるバーチャルオフィスの中では料金の安さやサービス内容の良さが突出していますが、それはこれまで大阪のバーチャルオフィスの相場が高いにも関わらずどの業者も新規で出店してこなかったためGMOオフィスサポートとDMMバーチャルオフィスだけが目立っているだけです。

以下、冒頭で紹介した4社の料金プランを月額料金の安い順に解説します。

GMOオフィスサポート梅田オフィス 『転送無しプラン』

GMOオフィスサポート660GMOオフィスサポートはバーチャルオフィス業界では最大手のGMOグループが運営するバーチャルオフィスで、東京を中心に日本全国の主要都市にオフィスを拡大しており、大阪の梅田にもオフィス持っています。

GMOオフィスサポートの料金プランは4種類ありますが、その中で最も安い住所利用のみのプランが『転送無しプラン』です。大阪の梅田の住所を月額660円できるGMOオフィスサポートは大阪最安値です。

転送なしプラン
初期費用0円
月額660円
最低契約期間1年
郵便物の転送なし
郵便物の到着確認なし
電話転送サービス無し
電話番号取得可能:グラントン社の03plusを利用
法人口座の開設不可
銀行紹介制度無し
決済方法クレジットカード
入会審査有り
利用できる住所銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋・京都・梅田・博多・天神

★GMOオフィスサポートを利用するメリット・デメリット

メリット

  • 全てのプランで初期費用が完全無料!
  • 梅田の住所を利用できるバーチャルオフィスでは国内最安値。
  • ネットショップの運営で特商法の表記に利用できる業者としては大阪で安さNO.1。
  • 梅田だけでなく全国11店舗で『転送なしプラン』を利用できる。

デメリット

月額660円の『転送なしプラン』は郵便物の転送サービスに一切対応していない。

≫初期費用+月額料金が3カ月無料≪
GMOオフィスサポート 公式サイト

DMMバーチャルオフィス梅田店 『ネットショップ支援プラン』

DMMバーチャルオフィス660円DMMバーチャルオフィスは大手DMMドットコムが運営するバーチャルオフィスで大阪の梅田だけでなく銀座・渋谷・名古屋・福岡(天神)にも店舗を持っています。

DMMバーチャルオフィスは大手ならではの資金力を背景に銀行や会計サービスをはじめ有力な企業と業務提携を進めており、今後も店舗を拡大する予定です。

DMMバーチャルオフィスの最安プランである月額660円の『ネットショップ支援プラン』は梅田の住所も利用できるので、ネットショップで特商法の表記に大阪の住所が必要な人や郵便物の転送サービスがどうしても必要な人はDMMバーチャルオフィスの利用をオススメします。

また、月額660円での梅田の住所を利用できるバーチャルオフィスとしてはGMOオフィスサポートと並びDMMバーチャルオフィスも大阪最安値となります。

DMMバーチャルオフィスは利用前の問い合わせにも丁寧に対応してくれる誠実なバーチャルオフィスなので、料金面だけでなくモラルの面でも信頼に値します。

ネットショップ支援プラン
保証金5,000円
(退会時に返金)
入会金5,500円
月額660円
最低契約期間1年
登記利用×
特商法表記
特電法表記
発送元伝票
郵送物の転送ECサイト関連のみ対応
郵送物の確認会員サイト
転送料金実費負担
転送の頻度週1
法人口座開設×
法人口座紹介×
証券口座開設×
利用できる住所渋谷・名古屋・大阪(梅田)・天神
決済方法クレジットカード

★DMMバーチャルオフィスを利用するメリット・デメリット

メリット

  • ネットショップの運営で特商法の表記に利用できるバーチャルオフィスとしてはGMOオフィスサポートと並び大阪で最安水準。
  • ネットショップ関連に限り郵便物の転送サービスも対応している。

デメリット

銀座店だけ『ネットショップ支援プラン』が利用できない。

下記の紹介コードを申し込みフォームで入力すると、初月の月額料金が無料になりますので是非お使い下さい。

≫紹介コード利用で初月無料KHL967】≪
DMMバーチャルオフィス 公式サイト

創発(ソウハツ)大阪野田店・大阪城東点 『エントリープラン』

ソウハツ770大阪市福島区に拠点を置くバーチャルオフィスで、名古屋市・さいたま市にも店舗を持っているバーチャルオフィスです。大阪で月額500円の格安バーチャルオフィスを探している人なら一度は訪問したことのあるサイトではないでしょうか。

ソウハツは月額770円のエントリープランが大阪で最安を謳っていますが、実際は最安にはほど遠い内容であると断言します。

エントリープランでは郵便物の転送回数に上限が設けられており、上限の4回を超えると強制的に月額6,600円のスタンダードプランにグレードアップされます。さらに変更手数料として11,000円が発生するというペナルティーもあります。

もはやこれ以上の説明は不要と思われますが、料金プランの詳細を紹介します。

エントリープラン
月額770円
入会金11,000円
最低契約期間6カ月更新は1カ月~
郵便物の転送可能
郵送物の到着メールで通知返信しないと2週間後破棄
郵便物の受取回数月に4通まで4通を超えると強制的にプラン変更
郵便物の破棄可能
宅配便受取不可届いた場合、強制的にプラン変更
郵便物の直接受取大阪の2店舗のみ可
決済方法銀行振込のみ
法人登記不可
利用できる住所
  • 大阪市福島区・大阪市城東区
  • 名古屋市・さいたま市(2店舗)
★ソウハツを利用するメリット・デメリット
メリット
  • 『エントリープラン』月額770円は料金だけで判断すると確かに安い。
  • 郵便物の到着をメールで通知してもらえる。
  • 不用な郵便物は破棄してもらえる。
デメリット

『エントリープラン』は郵便物の転送に関するルールが厳し過ぎる。

レンテン・イマジネーション 『ライフサポートプラン』

レンテン・イマジネーションは大阪の社団法人が運営するバーチャルオフィスで、運営母体が社団法人というのは非常に珍しい存在です。

基本的には労働者の労働環境を改善するための公益的な活動がメインになりますが、自社の住所を有効利用してバーチャルオフィスも運営しています。

下記のライフサポートプランはレンテン・イマジネーションの3プランの中で最も安いプランになりますが、利用できる住所が此花区に限定される他、ライフサポートプランは4カ月目から月額1,600円のスタンダードプランに強制的にグレードアップされます。

グレードアップといっても上がるのは月額料金だけで、サービス内容は一切変わりません。

ライフサポートプラン
初回登録料1,500円
月額1,000円
利用可能期間3カ月間限定
初回必要経費4,500円
郵便物の転送月に50通まで無料で転送

51通目から着払いで転送

宅配便の転送受け取り拒否 or 破棄
利用できる住所大阪市此花区
登記可能
口座開設可能
決済方法銀行振込のみ
入会審査有り

★レンテン・イマジネーションを利用するメリット・デメリット

メリット

  • 登記利用できる住所を月額1,000円でレンタルできるのは大阪では最安。
  • 郵便物の転送サービスも破格の待遇と言える。
デメリット
『ライプサポートプラン』を月額1,000円で利用できるのはたったの3カ月間で、4カ月目から月額1,600円に料金がアップする。

まとめ

大阪で月額500円のバーチャルオフィスはありませんが、月額770円のソウハツというバーチャルオフィスがみつかりました。ところがソウハツのエントリープランはとてもオススメできる内容ではありません。

レンテン・イマジネーションの『ライフサポートプラン』月額1,000円も3カ月限定の価格で、4カ月目から大幅に料金がアップされるので、それほどおすすめできません。

結論として、大阪で月額500円のバーチャルオフィスを探していて見つからなかった場合、GMOオフィスサポート(月額660円)かDMMバーチャルオフィス(月額660円)を利用するのがベストでしょう。

GMOオフィスサポートとDMMバーチャルオフィスは大手の資本で運営されているので運営の継続性・信頼性・料金面・サービス内容ともに他社と比べ物になりません。

ネットショップの運営で特商法の表記に大阪の住所が必要なら、GMOオフィスサポートかDMMバーチャルオフィスを選択して間違いないでしょう。

GMOオフィスサポート660

≫初期費用+月額料金が3カ月無料≪
GMOオフィスサポート 公式サイト

DMMバーチャルオフィス660円

≫紹介コード利用で初月無料KHL967】≪
DMMバーチャルオフィス 公式サイト

最後に、大阪に限らず他の地域の住所を月額500円で利用できる格安バーチャルオフィスを探している方は、【月額500円で利用できるバーチャルオフィス8選!【2022年最新】】が参考になります。

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
合計11カ所
銀座・渋谷・新宿・青山・
秋葉原・横浜・名古屋・京都
梅田・博多・福岡天神 
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント