格安バーチャルオフィス

バーチャルオフィス『レゾナンス』の口コミ・評判~料金プランを他社と比較

レゾナンス・口コミ評判・料金比較記事 格安バーチャルオフィス

港区浜松町から始まった格安バーチャルオフィスのレゾナンスが大人気です。その理由は月額1,650円で利用できる『週1回転送プラン』が好評なためで、同一価格帯のバーチャルオフィスのなかではコスパNO.1です。

また、新たにスタートした月額990円の『月1回転送プラン』は、基本料金に登記利用と郵便転送サービスが付帯されるうえにレゾナンスの全拠点(銀座・渋谷・新宿・浜松町・横浜)で利用できます。

そんなレゾナンスですが、口コミと評判の良さが定評なのは御存じでしょうか。ネットに投稿される口コミをもとより調査会社による利用者の意識調査でも満足度が非常に高いことで有名です。

レゾナンスの口コミと評判

口コミ・評判

1 年前
副業の法人化のタイミングから登記と郵便の転送を目的に利用しています。 今後は会議室の利用なども検討しているので追々相談させていただきたいです。 スタッフさんの応対も丁寧でこれからも利用していきたいバーチャルオフィスだと思います。
10 か月前
私は法人登記と郵便の転送が可能であればよかったので値段重視で探してました。 時々レンタル会議室を利用しますがきれいでスタッフのかたも気持ちよく対応してくれます。 今後サービスの幅を広げる際は電話代行が可能なサービスも検討させていただきます。
2 か月前
以前は他社のバーチャルオフィスを使用していましたが、値段の割にサービスに不満がありこちらに移らせてもらいました。 こちらではサービス面の不満もなく値段も以前より安く抑えられています。 業務連絡も細かい所まで配慮して頂き、特に郵便業務についてはいつも大変助かってます。 いつもありがとうございます。

かなりの数の口コミが寄せられていて全てを紹介することはできませんが、なぜか悪い口コミが1件もないのには驚きでした。それにしても感心なのが、各店舗のスタッフさんの対応がよろしいことや、郵送物の転送をきちんとやってくれることに多くの人が満足しているようです。

以前に利用していたバーチャルオフィスで郵送物の転送先を間違えられた経験のある利用者が多い事には驚きました。所詮、人間のやることなのでミスも起こるのでしょうが、レゾナンスは料金の安さに妥協しない丁寧なサービスが認められているのは確かなようです。

レゾナンスの料金プラン

レゾンナスの料金プランは『月1回転送プラン』と『週1回転送プラン』の2種類あります。それぞれ基本料金に住所利用・郵便転送サービス・登記利用が付帯されますが、転送頻度に応じて料金が異なります。

料金プラン

月1回転送プラン週1回転送プラン
入会金5,500円5,500円
デポジット1,000円1,000円
月額990円1,650円
郵便物の転送月1回週1回
郵便物の到着確認会員サイト会員サイト
郵便物の転送費用実費負担実費負担
電話転送××
登記利用
利用できる住所銀座・渋谷・新宿・浜松町・横浜銀座・渋谷・新宿・浜松町・横浜

月1回転送プラン

  • ネットショップで特商法の表記に利用できる業界最安水準のプラン。
  • 郵便物の転送にも月1回で対応。
  • 銀座・渋谷・新宿・浜松町・横浜の5カ所の住所を選択できる。

週1回転送プラン

  • 登記利用を前提とした人に向いている月額1,650円のプラン。
  • 郵便物の転送頻度が週1回なので、有効期限のある書類でも早めに転送してもらえる。

週1回転送プラン:短月契約と年間契約の違いを比較

レゾンナスの看板商品は月額1,650円の週1回転送プランで、短月契約・年間契約に対応しています。ところが、新たにリリースされた月1回転送プランは年間契約だけの対応となります。

下表はレゾナンスで最も利用される頻度の高い週1回転送プランを短月契約・年間契約に分けて1年間利用した場合の料金を比較したものです。

なお、年間契約の料金はキャンペーンを適用した場合の価格を紹介しています。

 

短月契約年間契約
入会金+デポジット6,500円
住所利用のみ3,300円1,650円
住所+電話転送5,500円3,850円
住所+電話転送+FAX転送6,600円4,950円
住所+電話代行7,700円6,050円
住所+電話代行+03発信12,100円8,800円
住所+電話代行+内線取次11,000円7,700円
電話転送のみ3,300円2,200円
電話代行のみ6,600円4,950円
  • 1年契約の料金はキャンペーン適用で月額制よりも安くなっています。
  • 月額料金には入会金5,500円とデポジット1,000円が含まれています。

よく見かける「住所だけなら月額1,650円~」と書かれた広告の意味も、1年契約のキャンペーン料金から入会金5,500円とデポジット1,000円を引いて12カ月で割った月額平均の料金だと分かりました。

入会金+月額3カ月無料キャンペーン実施中
レゾナンス 公式サイト

住所利用のみで登記利用を必要としない場合は【R-INNOVATION】を利用

以上、レゾナンスで利用できる2つの基本プラン『週1回転送プラン』と『月1回転送プラン』について解説しましたが、これらのプランはネットショップの運営で特商法の表記に利用するには機能面でやや持て余すことになります。なぜなら特商法の表記に記載する住所は登記利用できなくても問題ないからです。

そのため、レゾナンスでは従来の『ネットショップ応援プラン』(月額880円)を姉妹店の【R-INNOVATION】という会社で『住所貸しプラン』(月額990円)で提供することに方針転換しました。特商法の表記に利用する住所は【R-INNOVATION】で月額550円(税込)で利用できます。

【R-INNOVATION】の料金プランは『住所貸しプラン』の他にもいくつかありますが、全てのプランで登記利用ができません。【R-INNOVATION】の詳細については、【レゾナンスの姉妹店【R INNOVATION】月額500円で住所利用】のなかで詳しく解説しています。

【R-INNOVATION】の『住所貸しプラン』

月額550円
入会金5,500円
デポジット1,000円
用途特商法の表記
屋号×
登記利用×
会員サイト
郵便転送週1回
転送費用200円/1回

 

レゾナンスで利用できるオプション

オプション

なお、レゾナンスでは基本の料金プランとは別に11種類のオプションがあり、どの料金プランを利用していても別料金を払うことでオプションのサービスを利用できます。

オプション一覧

種類月額詳細
郵送物都度転送1,100円郵送物が届くとその都度自動で転送してもらえます。
屋号通知1,650円屋号通知が無いと本人名で送付されたものしか受け取れません。
フリーダイヤル4,400円電話番号に0120、0800いずれかのフリーダイヤルを指定。
電話の転送2,200円24時間、自分にかかって来た電話をスマホなどに転送。
03番号の利用4,400円自分のスマホなどを利用して、03番号で発信・着信。
発信した場合、相手には03番号が表示される。
電話秘書代行4,400円自分の代わりに電話秘書が電話対応。
報告オプション550円電話秘書代行の対応内容を事後報告。
電話秘書代行
+内線取次
3,300円電話に出てもらい、その都度取り次いでもらえます。
共有FAX550円コワーキングスペースの利用者とFAXを共有。
専用FAX1,100円契約者のみが利用できる専用FAX。
ロッカーの利用3,300円荷物をロッカーで保管。

レゾナンスの銀行紹介制度

バーチャルオフィス口座開設『週1回転送プラン』が大好評のレゾナンスですが、それはレゾナンスがみずほ銀行とGMOあおぞらネット銀行の紹介制度を設けていることとも関係あります。

バーチャルオフィスの利用者の悩みの種として法人口座の開設ができないという問題があるのは有名な話ですが、銀行紹介制度の有無は口座開設の成功率に影響を与えます。

レゾナンスに入会すると上記2つの銀行を紹介してもらえるだけでなく、口座開設手続きは全てオンラインで完結します。

なお、バーチャルオフィス業界における銀行の紹介制度の現状についてもっと詳しく知りたい方は、【業務提携・紹介制度】銀行の法人口座の開設に有利なバーチャルオフィス10選も合わせて読むと参考になります。

レゾナンスの士業紹介制度

バーチャルオフィス・士業紹介レゾナンスの住所で会社を設立した利用者が会計や税務の問題で助けが必要な場合に備え、士業を無料で紹介しています。

なお、士業事務所は無料で紹介してもらえますが、相談費用や事務手数料は各士業との契約に基づいて費用が発生します。

紹介できるのは下記の4業種の事務所です。

  1. 税理士事務所   
  2. 公認会計士事務所 
  3. 司法書士事務所
  4. 社会保険労務士

会社設立・移転登記・会計のクラウドサービスを紹介

レゾナンスには会社を設立する利用者のために士業の紹介制度がある他、設立登記や移転登記、クラウド会計サービスを利用できるよう株式会社Freeと業務提携しており、レゾナンスの利用者にはこれらのサービスに対して利用特典が付与されています。

Free会社設立  設立登記を個人で格安で済ませることができます。

会社設立代行・freee会社設立

Free会計    有料のクラウド会計サービスです。

Free会計

GVA法人登記  変更登記の手続をクラウドで安く済ませることができます。

GVA法人登記

レゾンナンスの基本プランを他社サービスと比較

他社と比較

レゾンナンスの看板商品である『週1回転送プラン』は月額1,650円ですが、同じ料金設定の業者がレゾンナンス以外に2社存在します。それはDMMバーチャルオフィスとGMOオフィスサポートです。

月額料金が同じ3社の料金プランを比較することは、レゾナンスの『週1回転送プラン』のどこにメリットがあるのか理解するうえで有益な判断材料となります。

また、同一価格ではないプランも合わせて比較することで、レゾナンスのサービス内容の相対的なバランスが理解できます。そのため、レゾナンスの料金プランを下記の3パターンで比較してみることにしました。

  1. レゾナンスの『月1回転送プラン』をMETSオフィス・表参道ストーリーズと比較
  2. レゾンナスの『月1回転送プラン』をNAWABARI ・バーチャルオフィス1と比較
  3. レゾナンスの『週1回転送プラン』をGMOオフィスサポート・DMMバーチャルオフィスと比較

レゾンナンスの『月1回転送プラン』をMETSオフィス・GMOオフィスサポートと比較

レゾンナンスMETSオフィス表参道ストーリーズ
プラン名月1回転送プランビジネスプランミニマルプラン
入会金5,500円3,300円5500円
デポジット6,500円0円0円
保証金等1,000550円
(事務手数料)
0円
月額990円1,100円880円
郵便物の転送月1回××
郵便物の到着確認会員サイト××
郵便物の転送費用実費負担××
電話転送×××
登記利用×
利用できる住所浜松町・銀座
渋谷・新宿・横浜
新宿御苑
新宿3丁目
赤羽・日本橋
南青山
公式サイト公式サイト公式サイト

月額料金で比較

1位:表参道ストーリーズ 月額880円
2位:レゾナンス     月額990円
3位:METSオフィス   月額1,100円

★郵便転送の有無で比較

 1位:レゾンナンス:月1回
 2位:METSオフィス、表参道ストーリーズ:転送サービス無し

★利用できる住所の数で比較

 1位:レゾンナンス:   5店舗
 2位:METSオフィス:  4店舗
 3位:表参道ストーリーズ:1店舗

★登記利用の可否

 1位:レゾナンス、表参道ストーリーズ:登記利用可能(追加料金無し)
 2位:METSオフィス:登記利用不可

 レゾナンスの『月1回転送プラン』をMETSオフィスの『ビジネスプラン』と表参道ストーリーズの『ミニマルプラン』と比較すると、郵便転送サービスが付帯されているうえに登記利用が可能である点、レゾナンスの『月1回転送プラン』が最も充実したサービス内容だと言えます。

また、選択可能な住所もレゾナンスが最も多いことがわかります。

なお、METSオフィスと表参道ストーリーズについてより詳しく知りたい方はMETSオフィスの評判と口コミ~月額300円の料金プランを他社と比較表参道ストーリーズの評判・口コミと料金プラン【月額880円で登記利用】も合わせて読まれると参考になります。

レゾナンスの『月1回転送プラン』をNAWABARI ・バーチャルオフィス1と比較

レゾンナンスNAWABARIバーチャルオフィス1
初期費用6,500円0円5,500円
月額990円1,078円880円
郵便物の転送
転送頻度週1回随時週1回
転送手数料無料400円/1件無料
転送費用実費負担実費負担実費負担
登記利用3,300円
利用できる住所浜松町・銀座
渋谷・新宿・横浜
目黒・渋谷渋谷・広島
公式サイト公式サイト公式サイト

★月額料金で比較

 1位:バーチャルオフィス1:880円
 2位:レゾンナンス:990円
 3位:NAWABARI:1,078円

★郵便転送の頻度で比較

 1位:NAWABARI:随時(届き次第)
 2位:レゾンナンス、バーチャルオフィス1:週1回

★郵便転送にかかる費用で比較

 1位:レゾンナンス、バーチャルオフィス1:手数料0円+送料実費負担
 2位:NAWABARI:手数料400円/1件+送料実費

★利用できる住所の数で比較

1位:レゾナンス 5店舗
2位:バーチャルオフィス1 2店舗
3位:NAWABARI  1店舗

★登記利用の可否

1位:レゾナンス、バーチャルオフィス1 登記利用 追加料金無し
2位:NAWABARI 登記利用 別途月額3,300円必要

レゾンナンスの『週1回転送プラン』をDMMバーチャルオフィス・GMOオフィスサポートと比較

レゾンナンスDMMバーチャルオフィスGMOオフィスサポート
初期費用6,500円10,500円0円
月額1,650円1,650円1,650円
プラン名基本プランライトプラン月1転送プラン
郵便物の転送週1回転送無し月1回
到着確認会員サイト会員サイトLINEで通知
転送費用実費負担転送無し無料
電話転送×××
登記利用
法人口座の開設
銀行紹介制度
  • みずほ銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行
GMOあおぞらネット銀行
利用できる住所浜松町・銀座
渋谷・新宿・横浜
銀座・渋谷
銀座・渋谷・新宿
青山・秋葉原・横浜
名古屋・京都・梅田・博多
公式サイト公式サイト公式サイト

★月額料金で比較

3社とも月額1,650円。

★郵便転送の頻度で比較

 1位:レゾンナンス:週1回
 2位:GMOオフィスサポート:月1回
 3位:DMMバーチャルオフィス:転送なし

 ★郵便転送の費用で比較

 1位:GMOオフィスサポート:無料
 2位:レゾンナンス:実費負担
 3位:DMMバーチャルオフィス:転送なし

★利用できる住所の数で比較

 1位:GMOオフィスサポート:10店舗
 2位:レゾンナンス:5店舗
 3位:DMMバーチャルオフィス:2店舗

レゾナンスの『週1回転送プラン』を月額料金を軸に他社と比較することで、レゾンナンスのサービス内容が非常に充実していることがよく分かります。

月額1,650円で利用できる他社サービスと比較すると、レゾナンスは郵便転送サービスの転送頻度が最も多く利便性に優れていることがわかります。

送料の面では実費負担なのでGMOオフィスサポートの『月1転送プラン』よりコストがかかりますが、ビジネス利用で住所利用する場合、転送頻度が多いことは高得点です。

ただし、銀行紹介制度の面で大手のDMMバーチャルオフィスやGMOオフィスサポートには劣る面があるのは事実で、大手2社は紹介制度ではなく銀行と業務提携しているので信頼関係の度合いが極端に異なります。

DMMバーチャルオフィスやGMOオフィスサポートの詳細については下記の関連記事が参考になります。

レゾンナンスを利用するメリット

メリット

  • キャンペーン適用で入会金0円+月額料金3カ月無料!
  • 銀座・横浜の住所を登記利用するなら月額990円の『週1回転送プラン』が業界最安!
  • サービスプランとオプションの組み合わせが柔軟(自由にカスタイマイズ可能)。
  • 2年目以降の継続でもキャンペーン料金が適用される。
  • 紹介制度があるので、みずほ銀行の法人口座の開設が有利。

レゾナンスのサービスは利用者満足度が高く、多くのニーズに応えることができていることが分かります。

オプションが豊富でユーザーのニーズに応じて柔軟に使いこなすことが可能です。利用するメリットはかなり多く、全般的に良い点ばかりが目立ちます。

レゾンナンスを利用するデメリット

デメリット

デメリット① 利用できる住所が関東に偏っている

利用できる住所は都内4カ所と横浜の合わせて5店舗ですが、地方都市の住所を利用したい人のニーズには応えることができません。

デメリット② 990円の『月1回転送プラン』は最安値ではない

銀座・横浜以外の住所なら、レゾナンスよりも安く同等のサービスを提供しているバーチャルオフィスが存在します。(例:スターアップ、和文化推進協会、オフィスゼロワン)

結論:銀座と横浜の住所利用ならレゾナンスがコスパNO.1

以上がレゾナンスの料金プランをDMMバーチャルオフィスやGMOオフィスサポートなどと比較した結果となりますが、結論を言うとレゾナンスが優れているのは銀座と横浜の住所を登記利用できるバーチャルオフィスのなかで最も安い料金プランを提示できていることです。

銀座と横浜の住所を月額990円で登記利用できるバーチャルオフィスはレゾンスの他にありません。レゾナンスが大手2社に劣っている点は、銀行と業務提携できていない点だけです。

銀座と横浜以外にも渋谷・新宿・浜松町

レゾナンスはみずほ銀行とあおぞらネット銀行を紹介していますが、DMMバーチャルオフィスはみずほ銀行と住信SBIネット銀行と業務提携しており、GMOオフィスサポートについてはGMOあおぞらネット銀行と業務提携しています。

なお、レゾナンスには法人口座の開設に伴う銀行の紹介制度の他に、会社の設立登記に伴う手続きを代行してもらえる業者を紹介してもらえますが、レゾナンスの他に会社の設立代行を請け負っているバーチャルオフィスをお探しの方は、会社設立代行【無料あり】を依頼できるバーチャルオフィスおすすめ9選が参考になります。

レゾナンス 公式サイト

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
合計11カ所
銀座・渋谷・新宿・青山・
秋葉原・横浜・名古屋・京都
梅田・博多・福岡天神 
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント