格安バーチャルオフィス

福岡の住所を月額500円で利用できる格安バーチャルオフィスはある?

福岡に月額500円のバーチャルオフィスはあるか? 格安バーチャルオフィス

ワンコインで利用できるバーチャルオフィスがブームになっていますが、月額500円で利用できるバーチャルオフィスで福岡の住所を利用できる業者はあるのでしょうか?

本記事では月額500円で利用できるバーチャルオフィス業者が福岡の住所を取り扱っているのかどうか調べた結果を紹介します。

結論として、福岡の住所を月額500円で利用できるバーチャルオフィスは存在しないことがわかりました。ただし、近隣の長崎で月額500円のバーチャルオフィスが1件だけあることが分かったので、他所の月額500円のバーチャルオフィスと比較した結果と合わせて紹介します。

福岡の近隣ならminatoの月額500円バーチャルオフィス九州で1社のみ!

バーチャルオフィスminato福岡近辺で1件だけminatoという月額500円(税抜き)のバーチャルオフィスがみつかりました。コワーキングスペースminatoの月額500円バーチャルオフィスは2019年にサービスを開始しており、当時はPRTIMESでも取り上げられて話題になりました当時の取材記事はこちら

minatoは長崎県にあるMATUBAYA(まつばや百貨店株式会社)の広告代理店事業部のことで、コワーキングスペースと合わせてバーチャルオフィスも運営しています。料金プランは下記の通りです。

minatoの料金プラン

BプランAプランSプラン
月額550円2,980円5,280
住所利用
郵便物の保管×
郵便物の転送××
利用できる住所長崎

九州地方では珍しいワンコインバーチャルオフィスとして有名になりましたが、住所利用以外なにもサービスが付帯されないので、ネットショップで特商法の表記に利用できるだけです。

なお、郵便物の転送を希望する場合はSプランを利用する必要があります。また、登記の可否や法人口座の開設の可否など詳細は不明です。

福岡以外の住所を月額500円で利用できるバーチャルオフィス

月額500円で利用できるバーチャルオフィスで福岡の住所利用を検討していた人には残念ですが、福岡で月額500円で他府県の住所を利用できるバーチャルオフィスにはどのようなものがあるのか、minato以外のバーチャルオフィスも紹介します。

  1. タピオカ
  2. METSオフィス
  3. スタートアップ
  4. BLOOM
  5. 和文化推進協会
  6. オフィスゼロワン
  7. グリーントラストサポート
  8. R INNOVATION
  9. 沖縄サテライト

これらはいずれも月額500円までで利用できる点を売りにしているバーチャルオフィスですが、ワンコインバーチャルオフィスには必ずデメリットが伴います。

それは利用できる住所が限定されるという点です。下記のバーチャルオフィスは全て月額500円で利用できますが福岡以外の住所しか利用できません。

社名月額住所公式サイト詳細
タピオカ290円プランタピオカ290~480円南青山・渋谷公式サイト関連記事
METSオフィス300円・ライト・新宿三丁目・新宿御苑・赤羽METSオフィス300円新宿3丁目・新宿御苑
日本橋・赤羽
公式サイト関連記事
スタートアップ500スタートアップ300~500円南青山・渋谷公式サイト関連記事
サテライト沖縄300~500円那覇公式サイト関連記事
BLOOM300円BLOOM300~550円西新宿公式サイト関連記事
バーチャルオフィス・和文化推進協会
和文化推進協会500円京都市公式サイト関連記事
オフィスゼロワン500オフィスゼロワン500円東京(板橋区)公式サイト関連記事
グリーントラストサポート500グリーントラストサポート500円札幌市公式サイト関連記事
R INNOVATION500円R INNOVATION500円銀座公式サイト関連記事

上記8社はオフィスゼロワンを除き月額500円に郵便物の転送サービスが付帯されるだけでなく登記利用も可能なので、利用できる住所が目的に適っていればかなり重宝されます。

ところが一覧表に記載してある通り、これら8社のバーチャルオフィスは利用できる住所が限定されてしまうため、いくら料金が安くても自分の目的に適っていなければ利用価値がありません。

どうしても福岡の住所を利用したいと考えている人が上記のワンコインバーチャルオフィスを利用すると、コストパフォーマンスは良いかもしれませんが、目的を叶えることには繋がらないかもしれません。

そこで、月額500円のような激安バーチャルオフィスでは福岡の住所は利用できませんが、1,000円以内で利用できるバーチャルオフィスで福岡の住所を利用できるものがいくつかあるので紹介します。

また、月額料金は高めですが福岡の住所を利用できることで有名な全国展開のバーチャルオフィスも2件紹介します。

月額500円~1,000円で福岡の住所を利用できるバーチャルオフィスは3社のみ

現状では福岡の住所を月額500円~1,000円の範囲で利用できるバーチャルオフィスは下記の3社だけです。

  1. GMOオフィスサポート
  2. DMMバーチャルオフィス
  3. GMOフリーナンスバーチャルオフィス

月額500円で利用できるバーチャルオフィスはどうしても利用できる住所が限定される傾向が高いことがよく分かりました。そもそも、大手ではないバーチャルオフィスが多くの利用者から支持を得ようとすれば、どうしても月額料金で勝負する以外に方法がないため、どの業者もギリギリで頑張っているのが現状です。

和文化推進協会にいたっては登記利用してくれた利用者が納税先の住所を京都市に指定することで利用料を割り引きしたり、和文化推進協会の士業会員に設立登記を依頼するなどの条件を満たすことで登記利用にかかるオプション料金を免除するなど工夫しています。

月額500円のバーチャルオフィスの運営状況は少々大変ですが、次に紹介するGMOオフィスサポート・GMOフリナンスバーチャルオフィス・DMMバーチャルオフィスのような大手が運営するバーチャルオフィスなら、グループの連結決算で収益を計算しているので経営が破綻する心配もありません。

上記3社のバーチャルオフィスなら月額500円は無理ですが、月額660円~770円という格安な料金で福岡の住所を利用できます。

また、それ以上の料金も考慮するならkarigoやワンストップビジネスセンターのような登記利用を前提としたバーチャルオフィスで福岡の天神や博多の住所を利用することができます。

GMOオフィスサポート博多オフィス『 転送無しプラン』

GMOオフィスサポート660GMOオフィスサポートはGMOグループの子会社が運営するバーチャルオフィスで、銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原・横浜・名古屋・京都・梅田・福岡博多・福岡天神の11店舗でバーチャルオフィスを運営しています。

GMOオフィスサポートが博多へ出店したことで、福岡のバーチャルオフィスでは最安値となりました。さすがに月額500円は無理ですが月額660円ならもはや迷う理由はありません。

ネットショップの運営で特商法の表記に福岡(博多)の住所を利用したい人にはGMOオフィスサポートの『転送なしプラン』が一押しです。

GMOオフィスサポートの料金プラン

転送なしプラン月1転送プラン隔週転送プラン週1転送プラン
初期費用0円0円0円0円
月額660円1,650円2,200円2,750円
最低契約期間1年1年1年1年
郵便物の転送なし無料で月に1回無料で2週間に1回無料で週に1回
郵便物の到着確認LINEで通知LINEで通知LINEで通知LINEで通知
電話転送サービス無し×××
電話番号取得グラントン社の03plusを利用
法人口座の開設×
銀行紹介制度×GMOあおぞらネット銀行を紹介
決済方法クレジットカード
入会審査有り
利用できる住所銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋・京都・梅田・博多・天神

GMOオフィスサポートの料金プランは4種類です。副業でネットショップを始めたいという方には『転送無しプラン』がオススメです。

このプランは郵便物の転送サービスが付帯されないので、届いた郵便物は全て破棄されます。

只今、月額料金3カ月分が無料になるキャンペーンを実施中です。

≫初期費用+月額料金3カ月無料≪
GMOオフィスサポート 公式サイト

DMMバーチャルオフィス福岡天神店 『ネットショップ支援プラン』

DMMバーチャルオフィス990DMMバーチャルオフィスはDMMドットコムが運営するバーチャルオフィスで、銀座・渋谷・梅田・天神の4店舗でバーチャルオフィスを運営しています。

地域で分けると東京・大阪・名古屋・福岡の4地域に大別できます。現在、順次店舗を拡大している最中で、福岡天神は最新の店舗となります。

DMMバーチャルオフィス天神店の料金プラン

1年契約半年契約短月契約
ネットショップ支援プラン660円××
ネットショップ支援プラン+電話3,190円××
ライトプラン×××
ライトプラン+電話×××
ビジネスプラン2,530円3,850円5,500円
ビジネスプラン+電話4,730円6,050円7,700円

副業でネットショップを始めたい人など、自分のサイトに特商法の表記として住所を掲載したい人には『ネットショップ支援プラン』が超オススメです。

このプランは基本的には郵便物の転送サービスは付帯されませんが、ネットショップ関連の郵送物に限り転送してもらえるので、他社の格安プランよりも優れています。

申し込みの際、下記の紹介コードを入力して頂くと初月の月額料金が1カ月分無料になるのでお使いください。

≫紹介コード利用で初月無料 KHL967】≪
DMMバーチャルオフィス 公式サイト

GMOフリーナンスバーチャルオフィス 『ライトプラン』

フリーナンスバーチャルオフィス770GMOフリナンスバーチャルオフィスはGMOフリーナンスというファクタリングサービスをメインで行う業者のバーチャルオフィスです。

メインは給与の前払いを実現するファクタリングサービスですが、フリーランスや個人事業主が活動し易い環境を提供する目的でバーチャルオフィスも提供しています。

フリーナンスバーチャルオフィスの料金プラン

ライトスタンダード
月額770円2,420円
最低契約期間1カ月~(初月無料)
利用できる住所銀座・福岡市
郵送物の転送1回/月1回/週
郵送物の通知メール
転送の可否転送・破棄、締め日までに要回答
選択無しの場合自動的に転送
直接受け取り不可
受取手数料880円/1件330円/1件
発送手数料550円/1件(別途、送料実費負担)
登記×
決済クレジットカード

フリーナンスバーチャルオフィスの料金プランは2種類だけです。

フリーナンスバーチャルオフィスを利用するにはフリーナンス口座というファクタリング専用の口座を開設し、さらにバーチャルオフィスの利用を申請する必要がありますが、ファクタリングサービスを利用しなくてもバーチャルオフィスだけ利用することも可能です。

副業で利用するには月額770円のライトプランがオススメですが、郵便物の転送サービスに色々と手数料がかかるのが欠点です。

≫無料でフリーナンス口座開設+安心保障に加入≪
FREENANCE 公式サイト

Karigoバーチャルオフィス博多 『WHITEプラン』

karigo全国展開しているバーチャルオフィスとして有名なバーチャルオフィスKarigo(カリゴ)では福岡市博多区の住所利用が可能です。

karigoの料金プランは3種類だけです。Karigoの料金プランは店舗によって料金や内容が微妙に異なり、博多店の料金はBLUEプラン・ORANGEプランが他の店舗よりもかなり高くなっています。

Karigo博多オフィスの料金プラン

WHITEBLUEORANGE
入会金5,500円11,000円19,800円
月額料金個人:3,300円
法人:5,500円
11,000円16,500円
住所貸し
荷物の店舗受取×××
電話の転送××
電話の代行××
利用できる住所・福岡県福岡市博多区千代
・福岡県福岡市中央区大手門~

副業でネットショップを始める人が利用するならWHITEプランで十分なので、もしもKarigoを利用するならWHITEプラン一押しです。なお、個人がネットショップで特商法の表記に利用する場合、WHITEプランは個人でも法人の料金(月額5500円)が適用されます。

karigoで利用できる住所はネットショップに限らず商用利用は全て法人扱いとなります。

Karigo 公式サイト

ワンストップビジネスセンター天神店・博多店 『エコノミープラン』

ワンストップビジネスセンターワンストップビジネスセンターも全国展開しているバーチャルオフィスとして有名です。

格安バーチャルオフィスの中では料金が比較的高い部類に入るのが特徴的で、最安プランのエコノミープランでも月額5,280円になります。

ワンストップビジネスセンターのサービスは全てのプランが登記利用を前提としたものなので、郵便物の転送サービスに実費負担もかからない他、銀行口座の開設にあたり紹介制度があるなど手厚いサービスになっているのが特徴的です。

ワンストップビジネスセンター天神・博多オフィスの料金プラン

エコノミービジネスプレミアム
初期費用10,780円
月額5,280円9,790円16,280円
一年契約割り1カ月分無料
最低契約期間半年
法人登記
口座開設
銀行紹介制度みずほ銀行青山支店、GMOあおぞらネット銀行
郵送物の転送
郵便物の転送頻度週に1回
郵便物の転送料金100gまでは無料、100gを越えると実費負担
会議室の利用1時間1,100円で6~8人部屋を利用可能
マイページ
来客対応
電話の転送×03・050番に無料で転送
共有FAXの転送×03・050番でPDFをメールで無料転送
電話の代行××1コール220円
利用できる住所・福岡県福岡市中央区天神2丁目3-10天神パインクレスト内
・福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目19-17トーカン博多第5ビル内

ワンストップビジネスセンターの料金プランは3つだけです。

副業でネットショップの運営に利用するのであればエコノミープランで十分です。他のプランは電話の転送サービスなどが付帯されますが、副業レベルのネットショップの運営に電話の転送サービスや代行サービスは不要です。

ワンストップビジネスセンター 公式サイト

まとめ

最後にもう一度まとめますと、福岡の住所を月額500円で利用できるバーチャルオフィスはありません。ただし、いくつかの格安バーチャルオフィスで福岡の住所を利用可能なことが分かりました。

また、月額500円という安さはたしかに魅力ですが、利用できる住所が限定されていたり郵便物の転送サービスがなかったり、なにかと足りないものが多い傾向があるのも特徴です。

GMOオフィスサポートの『転送なしプラン』とDMMバーチャルオフィスの『ネットショップ支援プラン』を利用すると、月額660円特商法の表記に必要な住所が利用できます。2022年11月現在、福岡の住所を最も安く利用できるバーチャルオフィスはこの2社だけです。

月額500円の住所利用を探されて見つからなかった方はGMOオフィスサポートかDMMバーチャルオフィスを選択されると良いでしょう。

GMOオフィスサポート660

≫初期費用+月額料金3カ月無料≪
GMOオフィスサポート 公式サイト

DMMバーチャルオフィス660円

≫紹介コード利用で初月無料 KHL967】≪
DMMバーチャルオフィス 公式サイト

なお、福岡に限らず全国の幅広い地域の中から月額500円で利用できるバーチャルオフィスを探している方は、【月額500円で利用できる格安バーチャルオフィス比較8選!メリット・デメリット解説 】を参考にされると良いでしょう。

また、福岡の天神で登記利用を前提で銀行口座の開設も視野に入れて検討されている方は、【天神・博多で登記利用と銀行口座が開設できるバーチャルオフィス比較5選】】が参考になります。

最後に、福岡だけでなく全国のバーチャルオフィ利用できるら料金別・目的別に応じて理想のサービスを選びたいという方は、【全国の激安・格安バーチャルオフィス17選!登記の可否やメリット・デメリットを比較】参考にされると良いでしょう。

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
合計11カ所
銀座・渋谷・新宿・青山・
秋葉原・横浜・名古屋・京都
梅田・博多・福岡天神 
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント