格安バーチャルオフィス横浜

横浜で登記利用におすすめの格安バーチャルオフィス比較15選!

横浜おすすめバーチャルオフィス 格安バーチャルオフィス

横浜の格安バーチャルオフィスも東京に劣らず競争が激しいですが、レゾナンスとGMOオフィスサポートが横浜に出店したことで、レゾナンスの月額1,650円『ビジネス応援プラン』とGMOオフィスサポートの月額660円『転送なしプラン』でシェアの大半を奪い合う形になりそうです。

この記事では横浜で以前から運営されていた格安バーチャルオフィス6社10店舗と、新たに横浜に参入した格安バーチャルオフぃス2社、合わせて9社15店舗の料金プランと特徴、メリット・デメリットを紹介します。

GMOオフィスサポート横浜オフィス

GMOオフィスサポート660GMOオフィスサポートの勢いはとどまることを知らず、現在分かっているだけでも銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原・名古屋京都・梅田・横浜・博多の10店舗に出店しおり、その勢いは衰えることがありません。

目下、全国10店舗体制を確立したことで月額660円のスペシャルプライス『転送なしプラン』が全国に広まるのも時間の問題というわけです。しかも登記利用が可能な上位プランもずいぶんと安価で充実した内容となっており、こちらは会社を設立することを目的とする人に好評です。なんと言ってもGMOあおぞらネット銀行と提携している点は無視できません。

GMOオフィスサポートの料金プランの詳細については、GMOオフィスサポートの口コミと評判・料金プランを他社と比較も参考になります。

GMOオフィスサポートの料金プラン

転送なしプラン月1転送プラン隔週転送プラン週1転送プラン
初期費用0円0円0円0円
月額660円1,650円2,200円2,750円
最低契約期間1年1年1年1年
郵便物の転送×月に1回2週間に1回週に1回
転送費用×無料無料無料
郵便物の到着確認×LINEで通知LINEで通知LINEで通知
電話番号取得グラントン社の03plusを利用
法人口座の開設×
銀行紹介制度×GMOあおぞらネット銀行を紹介
決済方法クレジットカード
利用できる住所銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋京都・梅田・博多
  • 物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市西区浅間町1丁目4番3号ウィザードビル402

物件:ウィザードビル 地上8階

アクセス:JR横浜駅 徒歩9分、相鉄本線 平沼橋駅 徒歩11分

GMOオフィスサポートのメリット

  • 初期費用も0円に加え、初年度の月額料金が3カ月無料。
  • ネットショップで特商法の表記に利用できる『転送なしプラン』月額660円はコスパNO.1
  • 全国の大都市に店舗を出店しているので、東京以外の大都市の住所も利用できる。
GMOオフィスサポートのデメリット
『転送なしプラン』には郵便物の転送サービスが付帯されていない。

GMOオフィスサポート 公式サイト

レゾナンス横浜店

レゾナンス・880・1650堂々の1番目に紹介するのは2022年10月3日に横浜店をオープンしたレゾナンスです。YouTubeの広告でも大量の広告を出稿しており知名度はもはや日本一かと思われるレゾナンスですが、なんと横浜店をオープンする直前に銀座限定で月額880円のネットショップ応援プランをリリースしたばかりでした。

横浜でも880円プランをリリースしたらスゴイことになったかもしれませんが、レゾナンスは従来通りの主力商品である月額1,650円のビジネス応援プランで勝負することに決めたようです。

なお、横浜の住所利用に固執しなければ、横浜在住の方がネットショップ応援プランを利用して銀座の住所を利用することは可能ですが、横浜の住所を月額880円で利用できるわけではありません。

レゾナンスの料金プラン

月1回転送プラン週1回転送プラン
初期費用6,500円6,500円
月額990円1,650円
郵便物の転送月1回週1回
郵便物の到着確認会員サイト会員サイト
郵便物の転送費用実費負担実費負担
電話転送××
登記利用
利用できる住所銀座・渋谷・新宿・浜松町・横浜銀座・渋谷・新宿・浜松町・横浜
  • 物件の詳細とアクセス

住所:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-28 むつみビル3F

物件:むつみビル 地上8階・地下1階

アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン『横浜』徒歩4分

レゾナンスのメリット

  • 登記利用を前提で銀座の住所を利用するならレゾナンスの『月1回転送プラン』がコスパNO.1!
  • 都内の一等地の住所を月額990円で登記利用できるうえ、郵便転送サービスも付帯されている。

レゾナンスのデメリット

都内や横浜以外の住所を利用したい人には向いていない。

レゾナンス 公式サイト

横浜アントレサロン・桜木町アントレサロン

銀座アントレサロン

銀座アントレサロンが運営するバーチャルオフィスの横浜支店が横浜アントレサロンと桜木町アントレサロンです。

アントレサロンはとにかく行政や地銀とのコネクションが強いバーチャルオフィスとして有名で、助成金・補助金・創業支援・法人口座の開設、この4つに関しては総合力でアントレサロンにかなうバーチャルオフィスは東京では存在しません。

横浜はアントレサロンのホームグランドではないので若干地の利が悪いと考えるのは間違えで、行政の施策に即対応できる優秀な書士を複数揃えているので、横浜でも価値の目があるのは確かです。このバーチャルオフィスはけっこうやる気満々です。

ちなみに郵便物の転送サービスは基本料金に付帯されないため、地元の方々は電話で郵便物の到着を確認してから直接取りに行くようになっています。転送サービスはオプション料金が発生します。

アントレサロンの料金プラン

月額4,180円
初期費用0円入会金など一切なし
最低契約期間6カ月
法人登記可能
登記後の基本料金変更なし登記しても基本料金は同じ
郵送物の受取郵便・宅配ともに可
郵送物の転送基本プランは転送無し直接取りに行くのが基本
スタッフ常駐
法人口座開設可能銀行の窓口担当者紹介
決済クレジットカード
入会審査有り
利用できる住所
  • 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階(受付)
  • 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101 1 クロスゲート 7階
  • 横浜アントレサロン:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階

物件:水信ビル 地上9階 地下3階

アクセス:京浜急行線 横浜駅 徒歩5分/京浜東北線 横浜駅 徒歩5分/

           東横線 横浜駅 徒歩5分

  • 桜木町アントレサロン:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101 1 クロスゲート 7階

物件:クロスゲート 

アクセス:桜木町駅 徒歩1分

アントレサロンのメリット

  • とにかく行政の施策に精通しているので、起業から助成金までなんでも相談できる。
  • 地銀との関係構築ができているので法人口座の開設はかなり有利。
アントレサロンのデメリット
法人口座の開設を地銀で希望するとアントレサロンのオフィス近辺に限定されるので、地方在住の利用者は面談にいくのが難しい。

アントレサロン 公式サイト

ワンストップビジネスセンター横浜店・横浜桜木町店

ワンストップビジネスセンターワンストップビジネスセンターもkarigoと並んで早い段階で全国展開に着手したバーチャルオフィスとして有名です。横浜の住所も早々に確保しており、横浜駅前と桜木町駅前の計2店舗を運営しています。

ワンストップビジネスセンターの料金プランは店舗によって変わらない点が利用者にとって分かり易くなっています。この点、karigoは店舗によって料金がかなり異なることがあるので注意が必要です。

また、ワンストップビジネスセンターは登記利用を前提とした料金プランだけを提供しており、会議室が利用できる他、創業支援や銀行の紹介制度を設けるなど、付帯されるサービスの付加価値で勝負しており安売りはしない主義です。

ワンストップビジネスセンターの料金プランの詳細については、ワンストップビジネスセンターの口コミ評判~料金プランを他社と比較が参考になります。

ワンストップビジネスセンターの料金プラン

エコノミービジネスプレミアム
初期費用10,780円
月額5,280円9,790円16,280円
一年契約割り1カ月分無料
最低契約期間半年
法人登記
口座開設
銀行紹介制度みずほ銀行青山支店、GMOあおぞらネット銀行
郵送物の転送
郵便物の転送頻度週に1回
郵便物の転送料金100gまでは無料、100gを越えると実費負担
会議室の利用1時間1,100円で6~8人部屋を利用可能
マイページ
来客対応
電話の転送×03・050番に無料で転送
共有FAXの転送×03・050番でPDFをメールで無料転送
電話の代行××1コール220円
利用できる住所
  • 神奈川県横浜市西区高島2丁目11ー2スカイメナー横浜内
  • 神奈川県横浜市中区花咲町1丁目48-3 ロゼ桜木町406号
  • ワンストップビジネスセンター横浜店:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目11 2 スカイメナー横浜内

物件:スカイメナー 地上9階

アクセス:JR東海道本線横浜駅 徒歩3分

     横浜市営地下鉄ブルーライン高島町駅 徒歩7分

  • ワンストップビジネスセンター横浜桜木町店:物件の詳細とアクセス

住所:〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町1丁目48−3 ロゼ桜木町406号

物件:ロゼ桜木町 10階建

アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅 徒歩で2分

ワンストップビジネスセンターのメリット

  • 全国展開しているので選択肢が限りなく多く、どの都市の住所でも利用できる!
  • 銀行の紹介制度もあるので法人口座の開設が有利。
ワンストップビジネスセンターのデメリット
格安バーチャルオフィスのなかでは月額料金がやや高めに設定されているのは否めない。

ワンストップビジネスセンター 公式サイト

karigoバーチャルオフィス神奈川横浜店・神奈川関内店

karigo全国展開のバーチャルオフィスkarigoは横浜市の2カ所で店舗運営しています。全てのプランが登記利用を前提としたものなので、郵便物の転送にも対応しています。

karigoを利用する際は少し注意が必要で、karigoは店舗によって利用できるプランが若干異なる他、同じプランでも店舗によって料金が異なる場合があります。

karigoを利用する際はWHITEプランの月額が個人と法人で異なる点に注意が必要です。近年ネットショップの特商法の表記に利用されるケースが多いバーチャルオフィスですが、karigoのWHITEプランで特商法の表記に利用する場合、「法人」が適用されます。

Karigoでは商用利用は個人・法人を問わず「法人」の料金が適用されるルールとなっています。そのため、ネットショップで特商法の表記に利用するなら月額5,500円からとなります。

なお、karigoの料金プランの詳細については、Karigo(カリゴ)の口コミと評判~料金プランを他社と比較が参考になります。

karigoの料金プラン

WHITEBLUEORANGE
入会金5,500円11,000円19,800円
月額料金個人:3,300円
法人:5,500円
11,000円16,500円
住所貸し
荷物の受け取り
電話の転送××
電話の代行××
利用できる住所
  • 横浜店:神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢~
  • 関内店:神奈川県横浜市中区翁町~
  • karigo神奈川横浜店:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢

物件:契約後に開示

アクセス:JR「横浜駅」・市営地下鉄「三ツ沢上町駅」 徒歩圏内

  • karigo神奈川関内店:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市中区翁町

物件:契約後に開示

アクセス:関内駅 徒歩5分

karigoのメリット

  • 全国展開しているので住所の選択肢が非常に多い!
  • 秒速FAXという自社製品を提供しており、バーチャルオフィスとの相性が良い
  • 月額料金も比較的安い。

karigoのデメリット

  • 個人でも商用利用は法人扱いになるので月額料金は安くない。
  • 銀行紹介制度がないなど付加価値があまりない。
  • 会議室が都内と近辺の計4カ所しかないので地方の人は利用する機会がない。

Karigo 公式サイト

バーチャルオフィス横浜ソリューション:横浜市関内オフィス

バーチャルオフィス名古屋ソリューションバーチャルオフィス横浜ソリューションは、アースドライブ株式会社が運営するバーチャルオフィスの横浜支店です。

アースドライブ株式会社は全国に東京ソリューション・横浜ソリューション・名古屋ソリューションの3セクションを設けており、それぞれのセクションで複数のレンタルオフィスやバーチャルオフィスの店舗を管理しています。

バーチャルオフィス横浜ソリューションの店舗は横浜市では1店舗だけです。

月額料金は2年契約の割引を適用すると一番安くて2,622円で利用できることから、長期利用を前提で考えるとDMMバーチャルオフィスやGMOオフィスサッポートと渡り合える料金設定となります。

横浜ソリューションの料金プラン

ベーシックプラン1ベーシックプラン2ベーシックプラス
月額2,622円2,622円6,600円
デポジット0円11,000円11,000円
郵便転送
着払い対応×
電話転送××
FAX××
登記利用
会議室利用
利用できる住所神奈川県横浜市中区扇町2-5-14
月額料金は2年契約割引適用時の料金となります。デポジットは着払い対応に充当します。
  • 物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市中区扇町2-5-14

物件:ワイズトレゾワ 地上7階

アクセス:JR京浜東北・根岸線 / 関内駅 徒歩4分

     JR京浜東北・根岸線 / 石川町駅 徒歩7分

横浜ソリューションのメリット

登記利用を前提で銀座の住所を利用するならレゾナンスのビジネス応援プランがコスパNO.1!

横浜ソリューションのデメリット

2年契約すると2,622円で利用できるが、1年契約で利用するとかなり高い。

横浜ソリューション 公式サイトはこちら

加瀬のレンタルオフィス:バーチャルオフィス

加瀬のバーチャルオフィス

加瀬のレンタルオフィスは神奈川県の横浜から川崎にかけて勢力を持っているレンタルオフィスの運営業者です。

スペース運営事業と並行してバーチャルオフィス事業も運営しており、東京・神奈川・埼玉・静岡で計38店舗も運営しています。

月額2,200円で住所のシェアリングができるということですが、このプランの内容は特殊なので注意が必要です。

  • 月額2,200円の格安プランには郵便物の転送オプションが付帯されません。
  • 郵便物の転送を希望する場合は別途オプションに加入する必要があります。
  • 郵便物の転送に対応できるのは神田・菊名・東日暮里・新横浜の4店舗だけです。

この4店舗以外では郵便物の受け取りも転送サービスも対応していないので、横浜の住所を利用すると郵便物の転送サービスが付帯されません。

こういうプランは他社でもたまに見られますが、郵便物が送られてくる可能性がないことを確信できる人以外は利用をすすめられません。しかし、登記利用が可能であることから、このプランは支店登記に利用されるのを目的としていることが分かります。DMMバーチャルオフィスのライトプランに非常に似ています。

横浜での住所利用では転送サービスが付帯されないので、オプションの詳細は割愛させて頂きます。加瀬のレンタルオフィスのバーチャルオフィスについて詳しく知りたい方は、神奈川(川崎・横浜)で有名な加瀬のバーチャルオフィスの口コミと評判を参考にされると良いでしょう。

加瀬のバーチャルオフィスの料金プラン

初期費用5,500円
月額2,200円
住所利用
法人登記
法人口座開設
銀行紹介制度×
郵便物の受取×
郵便物の転送×
利用できる住所
  • 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11加瀬ビル88
  • 神奈川県横浜市港北区菊名6-13-53プラザコーシン菊名マンション
  • 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5-7-2プラーズ鶴見中央3
  • 神奈川県横浜市中区尾上町4-56-2加瀬ビル152
  • 加瀬ビル88:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11加瀬ビル88

物件:加瀬ビル88 地上10階 建

アクセス:新横浜駅徒歩5分

  • 加瀬ビル154:物件の詳細とアクセス

住所:神奈川県横浜市中区尾上町4-56-2加瀬ビル154

物件:加瀬ビル154 地上9階 地下1階建

アクセス:関内駅徒歩1分、関内駅徒歩2分、馬車道駅徒歩5分

加瀬のバーチャルオフィスのメリット

  • 横浜・川崎を中心に取り扱っている案件がかなり多い。
  • 支店登記に利用できる住所としては月額2,200円はかなり安い。

加瀬のバーチャルオフィスのデメリット

  • 郵便物の転送サービスが適用される案件が4件しかない。
  • 郵便物の転送サービスが適用される住所を利用すると月額料金が極端に高くなる。

まちなかbizあおば・まちなかbizみどり・まちなか bizつづき

まちなかbizあおば『まちなかbizあおば』は横浜市青葉区でNPO法人協同労働協会OICHI が運営する地域密着型のレンタルオフィス・バーチャルオフィスです。『まちなかbizあおば』の姉妹店として、『まちなかbizみどり』、『まちなか bizつづき』も運営しており、それぞれレンタルオフィス・バーチャルオフィスの利用が可能です。

3つの姉妹店はそれぞれ青葉区・緑区・都筑区にオフィスを構えており、各地域で事業を起こそうと志す人達に情報提供したり、交流の場を設けることで地域の活性化を図っています。

『まちなかbizあおば』は会員制のコミュニティーである点、一般的なバーチャルオフィスとはかなり趣が異なり、コミュニティーで人脈を作ることができれば自他ともの成功へと繋がることでしょう。

なお、NPO法人が運営するコワーキングスペース・バーチャルオフィスは近年増加傾向にあり、『まちなかbizあおば』もその代表例だと言えます。

まちなかbizあおば・みどり・つづき 料金プラン

応援プランライトプランスタンダードプラン
入会金10,000円10,000円10,000円
月額2,310円5,500円16,280円
用途
法人登記×
法人口座開設×
銀行紹介制度×
郵便物の受取10通まで50通まで無制限
郵便物の転送直受け取り
オプション利用で月1転送も対応可

無料:月1回
各種相談×無料無料
レンタルスペース有料割引無料
利用できる住所
  1. 横浜市青葉区美しが丘~
  2. 横浜市都筑区~
  3. 横浜市緑区~
  • まちなかbizあおば:物件の詳細とアクセス

住所:〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目13-10吉村ビル107号

物件:吉村ビル 地上4階

アクセス:「あざみ野駅」徒歩5分

  • まちなかbizみどり:物件の詳細とアクセス

住所:〒226-0014 神奈川県横浜市緑区台村町186

物件:記載なし

アクセス:JR横浜線 中山駅 徒歩4分

  • まちなかbizつづき:物件の詳細とアクセス

住所:〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目21−3

   ドゥーエセンター北 201

物件:ドゥーエセンター北 地上11階

アクセス:センター北駅 徒歩3分

『まちなかbizあおば』を利用するメリット

  • 横浜市での企業に特化したサービス展開に有利。
  • 交流会で地域の情報を交換することができる。

『まちなかbizあおば』を利用するデメリット

  • 横浜市以外の人でも利用できるがコミュニティーに溶け込めるかどうかは本人次第。
  • 住所のブランド価値を活用したい人には向いていない。

まちなかbizあおば 公式サイトはこちら

まちなかbizみどり 公式サイトはこちら

まちなかbizつづき 公式サイトはこちら

THE HUB 横浜WEST

THE HUB横浜WESTは横間浜駅を出て西へしばらく歩いた場所に位置するBLA横浜西口ビルを拠点にしたバーチャルオフィスです。

ビルがある界隈は横浜駅から少し離れてはいるものの間近に首都高速が走ってる横浜市主要地方道83号沿いにあるため交通量はかなり多いです。

バーチャルオフィスプランは同じTHE HUBの平均よりも安く設定されており、月額3,850円で住所利用と投棄料が可能となっています。

なお、他の系列店舗のバーチャルオフィス同様、郵便物の転送サービスなど、基本料金に含まれないサービスは全て別料金のオプションとなります。

     『THE HUB横浜WEST』の料金プラン

月額3,850円
入会金11,000円
年会費22,000円
住所利用
登記利用
フロント有人
郵便物
フロント受け取り
月額:1,100円
郵便物の転送月額2,750円(週1転送)
コピー機の利用白黒11円
カラー44円
電話転送
(IP電話)
月額2,200円(発着信)
(初期設定費2,750円)
会議室
セミナールーム
6名用:1,650円/1h
8名用:2,200円/1h
  • 物件の詳細とアクセス

  住所:〒220-0003 神奈川県横浜市西区楠町1-3BLA横浜西口 2-3F,7-8F

  物件:BLA横浜西口ビル 地上9階 建 エレベーター:1基

 築年月:1992年0月

アクセス:横浜駅 徒歩9分


THE HUB横浜WEST 公式サイトはこちら

THE HUB 横浜関内(横浜関内ビジネスセンター)

TUH HUB 横浜関内は横浜市の中区にあるレンガ造りのビルを拠点にしたバーチャルオフィスです。首都高速のインターチェンジも目と鼻の先にある交通量もかなり多い地域です。

『THE HUB横浜関内』は公式サイトの名称と実店舗の名称が異なっており、実店舗はキンガビルの表にある表札に、1階~5階まで『横浜関内ビジネスセンター』と表記されています。なお、1階が受付になっています。

『THE HUB 横浜関内』は同じnex THE HUBが運営するバーチャルオフィスですが、『横浜WEST』よりも基本料金が高く設定されており、月額5,500円となります。

      THE HUB横浜関内の料金プラン

月額5,500円
入会金11,000円
年会費22,000円
住所利用
登記利用
フロント有人
郵便物フロント受け取り月額:1,100円
郵便物の転送月額2,750円(週1転送)
コピー機の利用白黒11円
カラー44円
電話転送
(IP電話)
月額2,200円(発着信)
(初期設定費2,750円)
会議室
セミナールーム
6名用:1,650円/1h
8名用:2,200円/1h
  • 物件の詳細とアクセス

  住所:〒231-0027 神奈川県横浜市中区扇町1-1-25キンガビル 1-5F

  物件:キンガビル SRC 10階建て エレベーター1基

 築年月:1986年1月

アクセス:関内駅 徒歩2分、伊勢佐木長者町駅 徒歩4分

THE HUB横浜関内 公式サイトはこちら

横浜の格安バーチャルオフィスで特におすすめできるのは4社のみ!

以上、9社比較してみて分かりましたが絶対にレゾナンス・GMOオフィスサポート・アントレサロン・karigoのいずれかを選択するべきです。

月額料金だけでなく銀行口座の紹介制度や創業支援など、知名度の高いバーチャルオフィスは付加価値が非常に高いことが明白です。

地元の業者を選択するのも無くはないですが、長い目で見ればGMOオフィスサポートも含めて勢いのあるバーチャルオフィスは今後も料金改定や店舗の拡大、または付帯されるサービスの拡充が予想されます。

2022年だけでバーチャルオフィス業界ではかなり大規模な価格破壊が何度も起きました。こういうことは今後も必ず再現される可能性が高いので、有名どころのバーチャルオフィスを選択するのが最も無難です。

GMOオフィスサポート660



≫初期費用0円・月額料金3カ月無料!≪
GMOオフィスサポート 公式サイト

 

レゾナンス・880・1650

 

≫紹介コード入力で入会金1,000円OFF【tcy-E】≪
レゾナンス 公式サイト

 

銀座アントレサロン

 

≫クーポンコード使用で1カ月無料【83sh24】≪
アントレサロン 公式サイト

 

karigo

 

 

≫全国56カ所から選ぶならKarigo≪
Karigo 公式サイト

 

なお、横浜に限らず全国から幅広くバーチャルオフィスを選びたい方は、全国格安バーチャルオフィス19選!登記の可否とメリット・デメリット比較を参考にされると良いでしょう。

全国格安バーチャルオフィス比較17選!登記の可否とメリット・デメリット

格安だけど登記利用できないバーチャルオフィス。
格安なうえに登記利用できるバーチャルオフィス。
都内の一等地・人気エリアだけを厳選したバーチャルオフィス。
全国の主要都市を網羅したバーチャルオフィス。
メリットがあれば必ずデメリットもあるのがバーチャルオフィス選びの悩みの種。
この記事では全国のバーチャルオフィスから格安で有名な業者を厳選して、長所・短所を検証した赤裸々な結果を包み隠さず公開します。

GMOオフィスサポート

【初期費用無料】
月額料金3カ月分が今なら無料!
銀座・渋谷・新宿・青山・秋葉原
横浜・名古屋・京都・梅田・天神
・転送なしプラン 660円
・月1転送プラン 1,650円 (月1転送+登記)
・隔週転送プラン 2,200円 (隔週転送+登記)
・週1転送プラン 2,750円 (週1転送+登記)

レゾナンス

全てのプランが3カ月無料!
・月額990円
 月1回転送プランプラン
 (住所利用+週1転送)
・月額1650円
 週1回転送プランプラン
 (週1転送+登記利用)
紹介コードで利用で入会金無料!
【tcy-E】
銀座・浜松町・新宿・渋谷・横浜

DMMバーチャルオフィス

・ネットショップ支援プラン 月額660円
 住所利用+週1転送
・ライトプラン 月額1,650円
 支店登記専用プラン(転送無し)
・ビジネスプラン 月額2,530円~
 週1転送+登記利用
銀座・渋谷・名古屋・梅田・天神
5大都市の住所を格安で登記利用!
紹介コード【KHL967】利用で初月無料

METSオフィス

新宿3丁目・新宿御苑・赤羽
都内の住所が月額300円~!
自社所有物件だけのバーチャルオフィス

スポンサーリンク
シェアする
バーチャルオフィス専門メディア

コメント